未分類

スマホを黒電話として扱う、デジタルデトックス。

おはようございます。
北海道は、裸ん坊だった街路樹に緑が生い茂り、短い夏がはじまりそうです。
(7・8月のたった2ヶ月)

今日はベランダに洗濯物を干しました。
日光消毒をすると衣類に付着した菌とおさらばできるそうなので、
天気が良い日は外で乾かしたいですね。

 

窓の手前には、先日買ってきた和歌山産・南高梅を室内干し。
そろそろ、梅仕事の季節でもありますね。

去年、青梅で初挑戦した梅ジュースがとても美味しく出来上がったので、
今年は南高梅で作ってみることにしました。
梅の甘い香りが部屋中に広がって、それだけで幸せな気分です。

 

1日2〜3回にしても、まだ58分見てる・・・!

さて、こうゆう小仕事ができるよう、挑戦していることがあります。
巷で話題の「デジタルデトックス」

きっかけは、少し前に知った「スマホ脳」という言葉。
たしか、NHKの番組だったかな…..

番組の中で2つのグループが、それぞれ漢字の意味を調べます。
片方は辞書を使って、もう片方はスマホで調べる。

その後、調べた漢字の意味を覚えているか検証するため、
辞書もスマホも使わず、紙に答えを書き出そうとすると……

辞書で調べたグループは半分以上覚えていたのに、
スマホで調べたグループはほとんど覚えていない、という結果に!

 

 

私自身、朝起きてから寝る直前まで何度もスマホ、スマホでした。

スマホの画面に向けられた意識を、
目の前の暮らしに集中して生きていきたいと思い「デジタルデトックス」を一大決心。

 

スマホの隠し場所は、本棚の四隅。

 

今試しているのは、本棚にスマホを置きっぱなしにすること。
見るのは、1日2回です。

イメージは、昔の黒電話。
家族や友人から連絡が来ているときだけすぐ返信。
それ以外は、使いません。

 

脱スマホで、メモ魔になりました。

じゃあ、ネットで調べたい時はどうするの?というと、
気になることができたら、一旦メモしておきます。

スマホは簡単に調べられるから、そこまで興味のないこともすぐ調べてしまいますよね。
手軽なぶん、記憶に残らないことが多いので、一旦寝かせて
それでも知りたい時は、1日1回のパソコン時間に一緒に調べるようにしています。

これだけでもかなり、スマホとの距離ができたな〜という感覚です。

 

一田憲子さんのご著書「日常は5ミリづつの成長でできている」

 

嬉しかったのは、ずっと読みたいと思っていた本を読了できたこと。
一田さんのエッセーは、優しい言葉で綴られ、とても安心した気持ちになります。
忙しい人にこそ読んで欲しい一冊です。

デジタルデトックスで感じている効果はこんな感じです。

[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#919191″ bgcolor=”#fafafa” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]・時間が長く感じる
・暇ができる
・自分で考えるようになる
・工夫しようとする
・画面より、目の前の現実に集中できる[/st-cmemo]

これから試してみたい人は、まず1日何時間スマホを触っているのかを調べ(ビックリするかも・・・!)
「○時〜○時はスマホを見えない場所に置く」というのをやってみてください。

思いの外、良い収穫があると思います。

私達の暮らし(人生)は、スマホの中ではなく
目の前に広がる現実の中にあるってことを
思い出すことができましたよ〜!

ABOUT ME
ミニマリストますみ
ミニマリスト歴5年目の30代・2児の母(1歳/12歳男の子)。20代半ばから数年、足の踏み場ない汚部屋で暮らし、何もかもうまくいかないどん底人生を経験。30歳で佐々木典士さん著「ぼくたちに、もうモノは必要ない」に出会い、ミニマリストへ。9割の持ち物を手放し、17㌔痩せ、借金完済!現在は2LDKマンションに夫・子2人と4人暮らし。