未分類

塩昆布と枝豆の「おいしい、おにぎり。」

おにぎりって、シンプルなのにものすごく魅力的な食べ物ですよね〜!
自分でも作れるのに、おにぎり屋さんを見つけるとついついお土産に買ってしまいます。

 

手軽に作れるから、手抜きしたいときにもぴったり。
一品でおかずと主食になり、冷めても美味しいのが魅力です。

 

先日、おにぎり屋さんで塩昆布と枝豆のおにぎりに出会いました。
塩昆布の旨味と、枝豆の食感が絶妙な味わいがなんとも美味しい〜。

 

家でも再現できそうだったので、さっそく作ってみました。
おにぎりの豆知識とともに、レシピを紹介します。

 

そもそも、おにぎりの正しい作り方は?

おにぎりの正しい作り方、ご存知ですか?
ほとんどの人が家族に教わったりして、いつの間にか作れるようになっていたのではと思います。

 

大人気のレシピサイト白ごはん.comに「塩むすび」の作り方が紹介されていました。

 

シンプルなおにぎりであればあるほど、基本が大切です。
ご飯は炊き立て、氷水で手を冷やして、水気はふきとって、にぎります。

引用元:白ごはん.com
https://www.youtube.com/watch?v=fmZNDhPFPfM&t=70s

基本を知ると、これまでより格段においしくなりそうですね!

 

塩昆布と枝豆のおにぎり

先日、道民にとってはおにぎりを連想する「サザエ」に行ってきました。
(道民はアニメと同じくらいおにぎりを思い浮かべます)

 

そこで出会ったのが塩昆布と枝豆のおにぎり
塩昆布の旨味と、枝豆の食感が絶妙な組み合わせです。

 

作り方はとても簡単で、塩昆布と皮を剥いた枝豆を混ぜ合わせるだけ。

 

枝豆は冷凍でも美味しいです。

キッチンペーパーで水分を取り、炊きたてに混ぜれば完成〜!

 

定番のタラコ・ツナマヨも一緒に。

 

そのままでも美味しいですが、しんなりした海苔とも相性抜群ですよ〜!

 

手抜きしても、体にやさしい「おにぎり」の魅力

昨日の残り物、豚汁と一緒にいただきます。

ちょっと疲れているときや、簡単に済ませたい日にぴったりのおにぎり。
簡単に作っても、ちゃんと美味しいのが嬉しいですよね。

 

手抜きしたい時に便利なレトルト食品は、添加物が多く使われているのが気になります。
体に優しいシンプルな材料でできるのも、おにぎりの魅力ですよね。

 

定番の具材以外にも、意外な組み合わせを発見するのも楽しさのひとつ。
イチオシの具材があれば、是非コメントで教えてくださいね。

 


[st-kaiwa1]編集後記。
おにぎり握りながら写真撮るの難しかった……[/st-kaiwa1]

ABOUT ME
ミニマリストますみ
ミニマリスト歴5年目の30代・2児の母(1歳/12歳男の子)。20代半ばから数年、足の踏み場ない汚部屋で暮らし、何もかもうまくいかないどん底人生を経験。30歳で佐々木典士さん著「ぼくたちに、もうモノは必要ない」に出会い、ミニマリストへ。9割の持ち物を手放し、17㌔痩せ、借金完済!現在は2LDKマンションに夫・子2人と4人暮らし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。